セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
9:00~18:00
毎週水曜日・第1.3.5木曜日
2019年06月30日
ブログ

半年がんばったご褒美

こんにちは。かとうやかんだです。今日で6月も終わり。今年も折り返し地点ですね。そんな日に食べる伝統のお菓子についてです。

遠い記憶辿ってみました。

大学時代に源氏物語の授業で教わったのですが、古来から6月30日には『夏越しの祓(なごしのはらえ)』といって半年間の穢れを祓い、残り半年を健康に過ごせるようにという年中行事が行われていたそうです。
その際に『水無月』というお菓子をいただく風習があるそうです。

上の画像のお菓子が水無月です。

三角形のういろうの上に寒天で固めた小豆が乗ったお菓子です。
三角形は当時貴重であった氷を表していて、赤い小豆は魔を払う力があると信じられていました。
「今日まで半年頑張ったね。残り半年も健康で過ごせますように。」という願いが込められているとのことです。

『美味しいものが食べられる行事』と都合良く解釈して、今もしっかり記憶できていました。

京都(さすが源氏物語の舞台!)や西日本を中心に行われいる行事のため、水無月自体を関東ではあまり見かけませんでした。しかし、近年は情報番組でも紹介され取扱店も増えてきた様子です。

近隣では、おおたかの森SCの『喜田屋』さんでも取扱があるので、是非『夏越しの祓』をしてみてください。
喜田屋さんのHPはこちら↓

ちなみに調べてみたら、厄落としとして『茅の輪くぐり』というのも行われるそうです。
食べ物関連しか覚えておりませんでした。W先生、ごめんなさい。。

この記事を書いた人
かんだ(かんちゃん)
かんだ(かんちゃん)
かんだです。かんちゃんと呼んで下さい! 絵と犬が大好きです。流山出身です。お勧めのお店こっそりお教えします!
store

会社概要

セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
arrow_upward