セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
9:00~18:00
毎週水曜日・第1.3.5木曜日
2019年09月25日
不動産オーナーのお悩み解決します。【賃貸物件】

募集内容を変更したマンションAの事例⇒結果賃料UPしました。

こんにちは、かとうや藤原です。

本日は弊社でお預かりし、空室時募集内容を変えて賃料UPをした賃貸マンションA(1LDK)の事例をご紹介します。

概要

簡単な概要は以下

1LDK(約47㎡)

築12年

7階建てマンションタイプです。

募集内容の変更に際して何に主眼を置いたか。

この2点に尽きます。

①入居者になるべく長く入居いただく仕組みづくり。(=退去されない仕組み)

②早期に申込をもらう仕組みづくり。

まずは変更点を比較

キッチンコンロなし⇒コンロ設置(20,000円程度)

照明なし⇒照明設置(6,000円程度×3つ)

更新料1ヶ月⇒更新料なし

※エアコンが壊れる寸前だったのでエアコン新設(98,000円)をしました。

※室内はハウスクリーニングのみ

※補足情報としてWi-Fi無料を棟全体で以前から実施

以上新入居者募集のため、投資した金額は約136,000円です。

上記の募集に変更した結果

○賃料 84,000円⇒86,000円UPしました。

○退去後1.5週間でお申込みをいただきました。

 

投資した136,000円を回収するのには賃料2カ月分弱がかかりますが室内が空いていた期間が実質3週間ほどでしたので、設備投資をしないで空室を3ヶ月と続けることを考えるとプラスの投資と考えられます。


 また更新料を0にしたので2年後に更新料が入ってこない分マイナスに見えますが、

更新料は管理会社に管理をお願いしていると、オーナー様の手元に残るのは多くの場合は賃料の半額(例:今回の場合)86,000円÷2=43,000円ですので、

2,000円アップした賃料で2,000円×24ヶ月=48,000円>43,000円

つまりほぼ2年間で回収、プラス少々利益を得ることになります。

更新料0は更新時の退去の抑止力にもなると考えられますので、更新時に退去されてまた2~3ヶ月お部屋が空いてしまう可能性を考えると、物件の収益の最大化を考えたときには、有効な方法だと考えられます。

 

先程、何に主眼を置いたか書きましたが、空室対策は

①空室期間の最短化

②入居期間の最大化

この2点をいかに考えるか、と言っても過言ではないです。

管理会社ができる、入居者さんが申込しやすくなる募集方法

さて、入居者さんからみて設備の新設や更新料0などはとても魅了ある募集内容だと考えられますが、入居者さんが申込しやすくなる方法がもう一つあります。

消費者目線で考えたら当然のことかもしれないのですが。。

少し長くなったのでそちらについては次回書きたいと思います。

この記事を書いた人
藤原 八千代 フジワラ ヤチヨ
藤原 八千代
流山市の流山セントラルパーク駅近くで賃貸管理専門の不動産会社『セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店』の代表をしております。女性ならではの視点でオーナー様の賃貸経営をお手伝いします。流山市でお困りの不動産オーナー様、空室でお悩みではございませんか?女性によるきめ細やかな目線で、時代に合った”満室経営”を全力でサポート致します!
store

会社概要

セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
arrow_upward