セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
9:00~18:00
毎週水曜日・第1.3.5木曜日
2018年11月10日
ブログ

流山市内の図書館

こんにちは。加藤屋商店のかんだです。

お店の前で、お散歩バッグをくわえたお利口なワンちゃんを見かけました。

今日はお散歩日和ですね。

ぽかぽか暖かいと、暦の上では冬ですが、今の時期は秋として扱ってもいいような気がしてきます。なので今の季節を秋である前提として話を進めます。

秋の夜長のお供にしたいのが読書。今回は流山市内の図書館を紹介したいと思います。

流山市内図書館ラインナップ

流山市立中央図書館

千葉県流山市加1丁目1225−6

 

流山市立中央図書館北部分館

千葉県流山市美原1丁目158−2

 

流山市木の図書館

千葉県流山市 名都借313−1

 

流山市立 おおたかの森こども図書館

千葉県流山市市野谷621−1

 

流山市立中央図書館 南流山分館
千葉県流山市南流山3丁目3−1

 

流山市立中央図書館 初石分館

千葉県流山市西初石4丁目381−2

 

流山市森の図書館

千葉県流山市東深井991

 

東洋学園大学図書館

千葉県流山市鰭ケ崎1660

 

江戸川大学 総合情報図書館

千葉県流山市駒木474

 

ざっと調べたところこんな感じでした。

 

大学の図書館も利用できたのですね!知りませんでした。

利用条件や手続きもあるようですが、知識の幅も広がりそうですね。

大学の図書館で思い出したこと諸々

学生時代、図書館にお世話になると言ったら、何と言っても卒業論文ではないでしょうか。図書から始まり、研究者の論文も引用するなど膨大な量が必要になる学生さんもいるはずです。

私は通っていた大学の図書館に必要な本の蔵書がなく、お隣の大学まで借りに行ったことがあります。

調べたら、「誰も近寄らないのではないか」と思うくらい端っこの上の方の棚にありました。(実際近くに人はいませんでした。)

お隣は男子学生の割合が高い大学さんでしたので、脚立の必要性を感じなかったのか(そんなことはないはず)低身長の私は近くにあった普通の椅子を脚立代わりにして本を取りました。

傍から見たら、子どものようだったことでしょう。いいのです、慣れています。無理に背伸びをしたら、わき腹がつるのなんて解っていますもの。。

『優しい男の子がそっと本を取ってくれる』なんて言うのは、やはりフィクションの世界だけの話のようです。そんな気がしていました。

 

 

ちなみに前職では、「あなたの身長を鑑みて、書類をここ(私の身長でも届く棚)に置くことにしたよ。」と直属の上司にお心遣いを頂いたものです。

T部長、その節は本当にありがとうございました。

 

 

話が色々と飛びましたが、みなさんもぜひ市内の色々な図書館を利用してみてください。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
かんだ(かんちゃん)
かんだ(かんちゃん)
かんだです。かんちゃんと呼んで下さい! 絵と犬が大好きです。流山出身です。お勧めのお店こっそりお教えします!
arrow_upward