(有)加藤屋商店
10:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2019年12月22日
不動産オーナーのお悩み解決します。

ちょっと情報提供☆心理的瑕疵の告知「入居者1回入れ替え」がトップ

こんにちは、かとうや藤原です。オーナーさんや管理会社さんがご興味ある内容かと思いまして不動産流通研究所の記事を拾ってみました。

(公財)日本賃貸住宅管理協会調べ、心理的瑕疵物件(事故物件等)に係わる重要事項説明について

タイトルが長くなりましたが、日本賃貸受託管理協会さんが、心理的瑕疵物件(事故物件等)に係わる重要事項説明についての調査結果を発表されたそうです。

対象となる住戸等の位置

当該住戸のみが最も高く約7割に上ったそうです。これはエリア別に見ても当該住戸のみが最も多かったそうです。

つまり、心理的瑕疵が隣の物件で起こっていた場合に説明されることはごく稀ということになります。

対象となる亡くなり方

こちらは箇条書きにします。

①室内で自殺 74.6%

②室内で他殺 64.9%

③室内で病死・事故死 59.7%

室内で亡くなられた場合は状況を問わず、約6割が重要事項説明を行うという回答になったそうです。

病死で発見が早い場合など、告知しなくても良いという考え方もあるので状況にもよるのでしょうが判断が難しいところですね。

告知期間

入居者1回入れ替えが35.1%でトップ、関西圏では入居者2回入れ替えで35.7%が最も高かったそうです。地域によっても考え方が変わりそうです。

この記事を書いた人
藤原 八千代 フジワラ ヤチヨ
藤原 八千代
流山市の流山セントラルパーク駅近くで賃貸管理専門の不動産会社『セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店』の代表をしております。女性ならではの視点でオーナー様の賃貸経営をお手伝いします。流山市でお困りの不動産オーナー様、空室でお悩みではございませんか?女性によるきめ細やかな目線で、時代に合った”満室経営”を全力でサポート致します!
store

会社概要

 (有)加藤屋商店
arrow_upward