(有)加藤屋商店
10:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2021年06月29日
ブログ

ただ語りたいシリーズ① ミュージカルについて「オペラ座の怪人」

こんにちは、Kato-ya(かとうや)藤原です。

続くかわかりませんが、書きたいので書かせて下さい。

実は私、ミュージカルが好きです。

趣味:ミュージカル鑑賞と事あるごとに書いているくらい好きです。

母親がミュージカル好きだったので自動的に小さい頃から連れて行かれ、気が付けばミュージカル大好き人間になっていました。

なので、劇中、突然歌いだすことに全く違和感を感じません。

(タモリさんはそこが苦手だって昔テレビで言ってましたね。)

今回は超有名作「オペラ座の怪人」についての思いを、完全自己満足で書きたいと思います。

最初は苦手だったけど、観るたびに好きになるオペラ座の怪人

劇団四季さんがよく公演しているのでCMでご覧になったことがある方もいらっしゃると思います。

初見は中学生の頃で、感動したもののそこまでのめりこめなかったオペラ座の怪人。

不思議なものでその後、映画で観、繰り返し観、またミュージカルに何回か足を運ぶ間にどんどん好きになってしまいました。

一行で内容を説明すると、パリのオペラ座に隠れ住む天才的音楽才能を持つファントム(怪人)と、幸か不幸かそのファントム(怪人)に愛されてしまった歌姫クリスティーヌのお話です。

一行だと楽しそうではないですが、ゴシックホラー的な雰囲気の作風の中に悲恋が混じっており見ごたえ十分です!!

役者さんが重要、、だと思う怪人役。

主人公:ファントム(怪人)は殺人など数々の罪を犯しますので、感情移入しにくいキャラクターです。

なので、演じる役者さんの魅力がとても大切。(だと思う。)

仮面で顔が隠れているため表現力が試される役です。(と、思う。)

ミュージカル・映画、様々な役者さんが演じていますが、一押しなのが、ラミン・カリムルーという役者さんです。

2011年、ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホールで行なわれた25周年記念公演の時のDVDが販売されていますので是非ご覧いただきたい一品です。

ちなみに、世界的有名な作曲家アンドリュー・ロイド・ウェーバーが劇中の音楽を作曲していますが、これまた世界的な歌手、サラ・ブライトマン、※当時駆け出しの女優※をヒロイン:クリスティーヌ・ダーエに抜擢したことで有名なこのオペラ座の怪人、

というかむしろサラ・ブライトマンのためにクリスティーヌ役を作ったとも言われています。

物語全編がサラ・ブライトマンへのオマージュになっており、その話を思い出すにつれロイド・ウェーバーの情熱にやや気圧される作品でもあります。凡人にはわからない世界です。

ちなみに、二人は結婚ののち、6年で破局を迎えますが、友情は今でも続いているそうです。その後ロイド・ウェーバーはなんとラブ・ネバ―・ダイという続編まで作っちゃっています。個人的な思い入れ満載のようで、情熱的!!

いつかロンドンで観てみたい作品の一つ。

英語、わからないですが、いつかミュージカルの本場、ロンドンで観てみたい作品の一つです。セリフが全部歌なので、たぶん英語がわからなくても大丈夫なはず。

↓Amazon貼り付けておきます。

千葉県流山市のスタッフ全員女性の不動産店

セントラルパーク不動産かとうや

千葉県流山市前平井62-運B142-1

(つくばエクスプレス線流山セントラルパーク駅徒歩1分)

TEL:04-7158-1841

メール:info@kato-ya.co.jp

ご相談窓口

HP:https//kato-ya.co.jp/


この記事を書いた人
藤原 八千代 フジワラ ヤチヨ
藤原 八千代
流山市の流山セントラルパーク駅近くで賃貸管理専門の不動産会社『セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店』の代表をしております。女性ならではの視点でオーナー様の賃貸経営をお手伝いします。流山市でお困りの不動産オーナー様、空室でお悩みではございませんか?女性によるきめ細やかな目線で、時代に合った”満室経営”を全力でサポート致します!
store

会社概要

 (有)加藤屋商店
arrow_upward