セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
9:00~18:00
毎週水曜日・第1.3.5木曜日
2018年10月22日
ブログ

愛染堂

本日は先日、地図の中でご紹介した愛染堂について書きたいと思います。
史跡好きとしてはやはり書いておかないと。

 愛染堂は旧長福寺のお堂です。
長福寺は旧八木村、中(なか)に大正時代まで所在した真言宗の寺院で、

 「室町時代の創建と伝えられ、かなりの広さの寺域を誇っていたようですが、幕末期から明治時代初めの混乱期の中で衰退したと思われます。その後、長福寺の管轄は流山の光明院が引き継ぎ、これらの管理は旧長福寺檀家が行ってきました。 長福寺はなくなってしまい、現在は光明院が管理をしています。」(以上、流山市のホームページより抜粋。)

http://www.city.nagareyama.chiba.jp/397/23140/23144/6593/007656.html

 
なかにいらっしゃる通称愛染様、木造愛染明王坐像は昭和56年に流山市指定有形文化財に登録されています。制作年代は不明らしいですが、おそらく鎌倉時代~南北朝時代頃に作られたのでは、と推測されているようです。

実はこちらのお堂、区画整理の関係もあり以前の場所からはやや移動されています。

地元の方にずっと愛され続けている仏様です。

特別な時に真近で見た愛染様。普段はお堂の扉は閉じられているので、ちょっとレアな写真です。

小学生のときちょうどこの愛染堂の横が通学路だったのですが、いつもお米が一つまみぐらいお堂の階段にお供えされていたのを覚えています。

その時は何も感じませんでしたが、いつも常にあるということは、それだけ地元の方にずっと愛され続けている仏様なんですね。私も一番身近に感じる仏様かもしれません。

 ちなみにこの迫力あるお顔なので、子どもの頃は恐れてお堂の中はあえて除かないようにしていました。

マミーマートさんの道挟んでお向かいにありますので、ぜひふらっとお立ち寄り下さい。

地図はこちら↓
http://ameblo.jp/centralpark-katoya/entry-12177381085.html

この記事を書いた人
藤原 八千代 フジワラ ヤチヨ
藤原 八千代
流山生まれの流山育ちです。 女性に選んで良かった!と思ってもらえる物件探しのお手伝いができるように頑張ります!
arrow_upward