セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
9:00~18:00
毎週水曜日・第1.3.5木曜日
2018年11月08日
ブログ

卒業した小学校の思い出 流山市立八木南小学校

こんにちは、かとうや藤原です。

本日は、思い出話をちょっと。

私は、流山市立八木南小学校という公立の小学校に通っていました。

当時もちろんすでに区画整理の計画はあったのですが、ものすごい遠い未来の話として聞いていました。

といっても子どもなので、流山に新しい電車が将来通るらしいくらいの認識です。

中学生の時に亡くなった父方のおばあちゃんから、「八千代はその頃はお嫁にいってるよ」と言われたのをなぜか鮮明に覚えていますが、今も流山で頑張っているよおばあちゃん、しかもお嫁にもいってないよおばあちゃん。

話が明後日の方向にいってしまいましたがそんなわけで、つくばエクスプレスもなく周辺現在よりもだいぶゆったりした環境でした。

生徒数は少ないですが、その分のんびりすくすく成長しました。

現在の全生徒数は235名(平成30年4月現在)の小さな規模の学校です。

私の時とほとんど変わっておりません笑。

大体一学年1~2クラスです。

全生徒と知り合いになることも可能かと思います。

以前ご来店されたお子様がいらっしゃるお客様が、学校の人数が少ないと、その後多くの人のいる環境に適応できなくなるのではないかと心配していらっしゃいました。個人的には実体験から問題ないと思いました。成長期って大人より適応力があるのかもしれません。

同級生のその後、学生自体や社会人になってからの話を聞くにしてもみんなちゃんと適応しています。

確かに人数が少ないデメリットもありますが、メリットもあるわけで。

人数が少ないため、大概役割が回って来るので活躍の場も多いです。また少人数制教育なので、今考えると勉強でわからなくなった時のフォローもしてもらいやすかったのかな~と思います。

 

田んぼの真ん中にある小学校なので春は、稲が植えられていく様子を見ながら通学しました。

夏は、蝉やクワガタを追いかけ、

秋は、赤とんぼ採りにせいを出しました。

冬、雪が降ったときに野ウサギが校庭をかけていたことを思い出します。

今考えると恵まれた環境ですね。

流山市内は人気の学区があるようですが、八木南小学校も良いですよ。

この記事を書いた人
藤原 八千代 フジワラ ヤチヨ
藤原 八千代
流山生まれの流山育ちです。 女性に選んで良かった!と思ってもらえる物件探しのお手伝いができるように頑張ります!
arrow_upward