セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
9:00~18:00
毎週水曜日・第1.3.5木曜日
2019年01月29日
不動産オーナーのお悩み解決します。【賃貸物件】

定期借家物件の賃料設定

こんにちは、かとうや藤原です。現在所有されている戸建てを賃貸に出したい、でも賃貸する期間は区切りたいということで、定期借家の物件を何件かお預かりさせていただいています。

 

 

定期借家契約とはどんな契約?

ここで定期借家契約について少しおさらいさせていただきます。定期借家契約とは、契約期間に定めがある借家契約です。通常の普通借家契約は貸主からの解約や更新の拒絶は「正当な事由(例えば、その物件を売らなくてはいけなくなった、その物件に住む必要がある。)」がない限りできないとされています。

しかし、定期借家契約ですと一定の期間に達したら契約が終了するような契約になっています。例えば3年・5年・10年・・・など、設定することができます。

もちろん、貸主と借主が合意すれば「再契約」という形も取れる場合もあります。

定期借家契約とはこういった賃貸期間の期限を決められる契約です。

定期借家物件と普通借家物件

今回のお話は再契約可能な「再契約型」はちょっと置いておきます。更新できる普通借家契約寄りだからです。

ここでは「再契約が不可」の物件について書かせていただきます。

さて、再契約が不可という場合、契約時に決めてあった○○年××月△△日までには退去しなければなりません。借主さんは退去する日のリミットが決められています。

そういった場合同等クラスの普通借家で契約できる物件と同じ賃料で住みたいと思うでしょうか。

NO寄りの方が多いのではないかなと思います。。

もちろん、賃貸期間が借主さんの希望にぴったり合っていたり、室内のデザインが他にないほど好みであったり、設備が信じられないほど整っていたりしたらむしろ喜んでご入居いただけるかと思います。

しかし、借主さんのお引越しにもまとまった金額がかかります。状況にもよると思いますが、一般的に戸建てのようなお部屋数の多い物件はできれば長く住みたいというニーズをお持ちの方が多い印象があります。同等クラスの物件で普通借家物件が周辺にある場合更新が可能な普通借家を選ばれてしまう可能性が高いです。

賃料の設定をどうするか。

この場合、賃料設定はどう考えればよいでしょうか。

また、違う機会にも書きたいと思いますが、定期借家契約の物件は賃貸期間が限定されています。そうすると貸し出しを始める前に行うリフォームの範囲(お金をかける範囲)もある程度限られてくると思います。

ですので、室内の状況と賃貸できる期間を加味した賃料設定をすることが、限られた貴重な期間の中で早く入居してもらう決め手になるかと思います。

 

この記事を書いた人
藤原 八千代 フジワラ ヤチヨ
藤原 八千代
流山生まれの流山育ちです。 女性に選んで良かった!と思ってもらえる物件探しのお手伝いができるように頑張ります!
store

会社概要

セントラルパーク不動産かとうや (有)加藤屋商店
arrow_upward